Monday, January 21, 2019

Kingdom of Wind and Me

Kingdom of Wind and Me Part 1

"Knock knock" I heard a knock at my door. I dashed into it, and opened door. "Hello?" I asked. However, I saw no animal or person but grass fluttering in the wind. "No one's here? May be a little boy living at neighbor." then I tried to close the door. "Wait. Please wait." someone said. ”Who is it?"I asked. "I am a messenger from Kingdom of Wind.” "Oh, I see. That's why I can't see you." I answered. "Yes, and could you put on this glasses on please?" As the messenger said, I putted on the glasses.  Then, my sights became like being in a swirl. I got sickness like I had bumpy ride at car. Then I woke up at a small room. "What is happening?” And I was wearing a white dress like the wedding one! Then the door opened. "Hello. Mary, she is the one right?" Someone who wore very gorgeous dress came to the room and asked the messenger who were with me.

風王国と私 パート1
「トントン」ノックが聞こえた。私は、ダッシュで玄関へ行き、ドアを開けた。「こんにちはー、誰かいるんですかー?」でも、動物も、人もいなかった。「誰もいないの?まあ、もしかしたら、ご近所の小さい男の子かも。」そして、ドアを閉じようとした。「待って、待ってください。」何かの声が言った。「誰ですか?」私は聞いた。「私は風王国からの使者です。」「ああ、だから、私があなたのことを見えないのね。」私は、答えた。「はい。では、この眼鏡を付けてください。そしたら私たちの事が見えるようになります。」使者は言った。私は言われたように、眼鏡をかけた。そして、私の家だった景色が、渦巻きにいるみたいになった。そして、ボコボコの道を車で行った時のように腹痛がひどくなった。そして、起きてみると、小さな部屋にいた。「何が起きているの?」しかも、純白の、ウェディングで着るようなドレスを着ていた。すると、ドアが開いた。「こんにちは。あなたはあの方なのね、メアリー?」とても豪華なドレスを着た人が、部屋に入ってきて、さっきまでいた使者に聞いた。

Monday, December 24, 2018

Bear, turtoise and Monkey

It's when I went to big nature park to go to camping.
 I was walking on a trail, and noticed that the path (which was paved) was turning to animal trail! "Huh?" I thought and looked at paths that I been walking and looks like they are not the wrong way. "Well, I'm on the correct path" I moved on.
Then, I slipped and went down, down, down in the deep hole.  "What just happen?" I felt terrifying thinking that, so I stopped thinking about it. Then, fall asleep.
 I woke up by hearing a footstep. "Who is it?" I said, half asleep. "Oh Oh Ah Ah" "Grrrr" I heard some noises : probably animals. I rubbed my eyes, and I saw tortoise, monkey, and a bear! I was so surprised and screamed "Eek!". Then, the bear talked to me "Are you all right?". I bewildered but answered to the bear "Um, yeah, so... T, thank you. But, but I, I'm hungry." Then the monkey whispered to tortoise "Can you get the food?" But I heard it, so I rushed and said "Oh, no! It's okay." But the bear replied me: "He will come back soon. He was in the first place at the last sports festival."
About ten minutes later, we heard wheeze. "I, I, wheeze, came back! I brought wheeze, the food." "Thanks so much, Mr. Tortoise!" I thanked tortoise. "I brought the carpet too." tortoise said to bear. "What is it for?" before I asked that, bear brought big two sticks and started to banging. Then, I heard loud footsteps. "It's friends of the woods. Oh, and please sit here." the bear said, pointing the carpet. I sat on carpet, and I waited. I was so tired, so I asleep.
When I woke up, I was at my house, laying down at sofa. "Wait it was a dream?" I muttered, and I found dirt and fallen leaves on my clothes. "It wasn't dream. It was true!"
*This is fiction.

る日大きい自然公園へキャンプに行った時のお話です。
舗装されていた道が、急に獣道になっていることに気が付いた。「あれれ?」と私が思い、今まで通ってきた道を見るとやっぱり間違った道を行ってはいなかった。「やっぱりあってたのか。」私はまた進んでいった。
そして、足を滑らせ、私は「ヒュ~ン」深い穴に落ちてしまった。「何が起こっただろう?」そう考えると少し恐ろしく感じて、私はその事を考えることをやめた。そのうち、私は眠ってしまった。
「ドスドスドスドス」私は何かの足音で目が覚めた。「誰?」私は寝ぼけながら言った。「ガオー」「ウキキキ~」何か動物の鳴き声がした。目をこすって見たら亀、猿、そしてクマがいた!私はびっくりしすぎて、叫んでしまった。「ギャー――」そしたら、なんとクマが「大丈夫かい?」としゃべったのだ!私は一瞬戸惑ったけれども、答えた。「はい。ありがとうございます。でも、おなかがすいていて」すると、サルが亀に「食料を取っておいで。」とこっそり言った。私はそれを聞いて、私は焦って「いいんや、いいんです。」と言った。クマがこう答えた。「すぐ戻りますよ、亀さんは。ここの森一番の走者ですよ。前の運動会で一位を取りましたからね。」するとハアハアという声とともに亀が戻ってきた。「持って、ハアハア、来ました、ゼイゼイ、よ。」「ありがとう、亀さん。」私は亀にお礼を言った。「クマさん、カーペットもです。持ってきました。」亀がクマに言った。「何に使うんですか?」と、私が聞く前にクマが木と木をもって、カンカン鳴らし始めた。するとドスドスとたくさんの足音が聞こえた。「森の仲間たちです。さあ、ここに腰かけてください。」とクマが私に教えた。私はカーペットに腰かけて待った。そして私は疲れていたので寝てしまった。
私が起きた時、ソファーに横たわっていた。「あれ―?夢だったのかな?」と私がつぶやいた時、自分の洋服に毛と落ち葉と泥がついていた。「やっぱり夢じゃなかったんだな」

*これはフィクションです。

Saturday, November 3, 2018

Mia and Anna the Cat


It was when I went to Mia's house...
"She's there! I found it!" I screamed.
There was a female kitten. Her name was Anna. She was very innocence and ease-going kitten. But, she was kind of like magic, like very strange atmosphere cat. 
Why I went to Mia's house, is that Mia called me and said "I have to talk to you." What are she going to talk about?, I was thinking about that and I saw this cat welcomed with "Meaw." 
"Meaw!" Anna shouted. Then, she went to another room. After about 3 minutes, Mia came out of the room that Anna went in. "Sorry I'm late. Well, come on in!" 
I went in to her house. I was friends with Mia from long time ago, but I never went to her house yet. Her house was big, not an apartment. Also I thought: there's lot of things that shapes like a fish! We went in farther, farther and farther. One, two, three, four, five, six, seven. "There's a lot of rooms!" Each time I count the room. 
"Living room is here." Said Mia. "Well, wait on sofa. I will tell her to bring the tea." "Wait. Who's 'Her' ?" I asked. She smiled at me and said, "That will be surprise!" 
After ten minutes later, I woke up "Meaw" and shaking dishes and cups. Surprisingly it was Anna who was holding the tray (like a human) and standing on its feet (also like a human)! And she said "Meaw, Please have it" in human words. When I was amazed by her, she tip toed and escaped from the room. "Am I dreaming or something?" I thought and pinched my foot. It was painful. "Well let's drink the tea." I drank the tea to calm me down. It was roasted green tea. "Oh! This is so bitter! I could drink coffee or rooibos tea though..." I took one more sip. "Wait, this is not roasted green tea! Cough, cough! A mixture of rooibos tea and coffee?!" I gave up tasting the tea, so I started to read a book.
Then, Mia came. "Sorry, I was late. I was baking a cake for my jumble sale tomorrow." "What was the thing you wanted to tell me?" I asked. "Well, it's a secret that I never told, but, Anna and me are same." She whispered. "What do you mean!?" I shouted. "Shhhhhh. Be quiet. So, like those... I think it's better to show you." Mia said it to me and shouted like this. "CatCattyCattycat, abracatabra pon!" Then, Mia covered by bright light, after 5 seconds, turned into a cat, Anna! "Well that's the secret of me." she said. "When did it started?" I asked. "Long time ago, I got bite by a cat, and I fainted. Then one day, I was practicing for my magic trick, I said 'Cat Catty Catty cat' and I called Anna, well, she didn't come, so I said 'Abracatabra pon!' Then I turned into a cat with out any tricks. I was me, not Anna." I was so surprised about Mia's story.
But when I saw the clock I said "Mia, I think I have to go now. Thanks today. It was fun to hear amazing story!" I said to Mia, also Anna. "I will send you to the door." She answered. At the door I said to her "Bye, Mia!" And Mia waved to me. Then I went back home.
ある日、私がみあさんの家へ行った日のことです
「あっ!いた!見つけた!」私は叫んだ。
メスの子猫がいた。子猫の名前はアナといった。アナはとても無邪気で、のんびり屋さんな子だ。でも少し魔、というか、不思議な感じの猫だ。
私がみあさんの家へ行った理由は、「ある話がある」とみあさんに言われたためだ。いったい何の話だろう?と思いながら行くと、アナが出迎えたわけだ。
「ニャ~ン」アナが叫んだ。そして子猫は違う部屋へ入っていった。その約3分後、みあさんが同じ部屋から出てきた。「ごめんね~遅くなちゃって。さあ、中に入って。」熊長さんが言った。
私は彼女の家へ入った。みあさんとは昔から仲良しではあったが、一度も家に行ったことはなかった。彼女の家は大きい一軒家でやけに魚の模様や形が多いな、と思いながら私とみあさんは奥へ、奥へと進んで行きました。一、二、三。四、五、六、七。「わ~たくさんあるな~」数える度に思った。
「リビングはここよ。」とみあさん。「まあ、ソファーに座って待っててね。お茶をもっていかせるから。」「持って行かせる?誰にですか?」私は彼女に聞いた。「それは、お。た。の。し。み♡」みあさんが微笑みながら答えた。
十分後、「ニャオ~ン」、猫の鳴き声と「カチャカチャ」と揺れる食器の物音で目が覚めた。なんとアナが立って(人のように)お盆を持ってきてる(また、人のように)ではないか!「ニャ~!どうぞ」私が圧倒されている間にアナは逃げていくように部屋を出て行った。「夢でも、見てるんじゃないか?」と疑問に思いながら足をつねった。やっぱり痛い。「まあ、お茶でも飲もう。」私は自分を落ち着かせるためにお茶を一口飲んでみた。ほうじ茶だった。「うっわ!苦っ!ルイボスティーとか、コーヒーならまだいけるけどな~」もう一口飲んでみた。「あれ?これ、ほうじ茶じゃない!ケホっげほっ。コーヒーとルイボスティー?」私はあきらめて、本を読みはじめた。
しばらくしたらみあさんが来た。「ごめんね。遅くなって。ケーキを明日のバザーのために作ってて。」「そういえば、私に話したい事ってなんですか?」私はみあさんに聞いてみた。「秘密のことなんだけどね、私とアナって同じなの。」みあさんはささやいた。「え?!どういうことですか?」私が叫んだ。「シー。黙って。だから、こういうことなんだけどまあ、見せた方がわかりやすいかな。」みあさんはそう言って、こう叫んだ。「ネコネコネコネコ、ちちんぷいぷいのプイ!」するとみあさんは眩い光に包まれて、5秒後、猫のアナになっていた。「ていうことなの。」と彼女は説明を終えた。「ヘ~。いつから?」私は興味を持った。「前、猫にかまれて気絶しちゃって。ある日、マジックの練習をしていた時、ネコネコネコネコーって私が本物のアナを呼んで、どうも出てこないから仕方なくちちんぷいぷいのプイ!て言ったら私自身が種も仕掛けもなしに猫になっちゃったのよ。」私はみあさんの長い話を聞いてびっくりした。そして時計を見ると、もう4時になっていた。「そろそろお暇しなければ。今日はありがとうございました。面白い話が聞けて良かったです。」私は、みあさんに、そしてアナに行った。「じゃあ、玄関までお送りするね。」彼女は答えた。そして、ドアで「じゃあね」と私は言った。そして私は家へ帰っていった。

Saturday, October 27, 2018

Introduction

Hello! I am Ricky! My hobby is to make and read stories and I like to draw. This is second time making a blog, and nice to meet you! I hope you enjoy this blog, and this is not a real story, just a story that I made.

こんにちは。リッキーです。私の好きなことは物語を読んだり、作ったりすることと、お絵かきをすることです。このブログは二回目のブログです。私のブログを楽しんでもらえたらな、と思います。そして、このブログに出てくるお話は本当のお話ではなく、私が作ったお話です。よろしくお願いします。